top of page

血糖値って?




血液中のブドウ糖(グルコース)濃度を血糖値といいます。

食事に含まれる糖質が消化されてブドウ糖となり、吸収されて血液中に取り込まれて血糖値は上昇します。

一般的には、食後15分を過ぎる頃から血液中のブドウ糖濃度が上昇し始め、食後1時間頃にピークを迎えます。

いったん上昇しますが、食事からおよそ3時間後には再び食事をする前の血糖値レベルまで下がり、一定を保ちます。


ブドウ糖は脳をはじめ、筋肉を正常に動かすためにも使われており、私たちが生命活動を行ううえでなくてはならないものです。

血糖値は高すぎでも低すぎても体に不都合をもたらします。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page